歯のクリーニングがしたい

歯のクリーニングは、保険で出来るんですか?

はい!
当院は「かかりつけ歯科医機能強化型診療所」の認定を受けているので、保険で歯のクリーニングができます。

歯のクリーニングと、ホワイトニングは違うんですか?

違うんですよ。
イメージとしては、クリーニングが「洗濯」であるのに対して、ホワイトニングは「漂白」です。

歯のクリーニングとは?

歯のクリーニングは、歯の清掃や洗浄を行って、清潔な歯を保ちお口の健康を維持することです。

「歯のクリーニングは歯が白くなるの?」と聞かれますが、クリーニングではホワイトニングをした時のように歯を白くすることはできません。

歯のクリーニング効果は、1度だけしても効果は続きません。
3ヶ月に1回の歯のクリーニングを継続することが歯周病予防にもつながり、歯の審美性も保つ事ができます。
詳しく話を院長がしておりますので、ご一読いただけると幸いです。

.

歯のクリーニングの種類

実際どんなことをするのでしょうか?

1. スケーリング

歯石は唾液の中のカルシウムと歯垢(しこう:プラーク)が結合して固まったもので、虫歯や歯周病や口臭の原因になる細菌の塊です。
これを歯科衛生士が専用の器具を使って、取り除きます。

2. エアーフロークリーニング

超微粒子撥水パウダーを一定の水と一緒に吹きつけ、タバコのヤニや茶しぶなどで汚れているところを清掃する、簡単に短時間でできるクリーニングです。

3. PMTC(プロフェッショナルクリーニング)

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、磨き残してしまった部分や日ごろの歯ブラシでは磨けない部分を、衛生士が専門的な機械で徹底的にクリーニングすることをいいます。

4. ヤニ取り

ヘビースモーカー(特に長年タバコを吸ってきた方)、営業職や接客業などの仕事をされている方、ヤニの臭いが気になってきた方におススメです。
※更に歯を白くしたい方にはホワイトニングがおススメです。

当院スタッフからメッセージ

毎日歯磨きをしていても、歯の生え際や歯が重なって生えている部分、歯間などには磨き残されたプラークがたまってしまいます。
また人にはそれぞれ歯磨きの”クセ”がありますので、いつも同じ部分を磨き残してしまい、それが歯周病や虫歯の原因となってしまうということもあります。

そこでおすすめしたいのが定期的な歯のクリーニングです。
歯科医院では、磨き残した歯垢(プラーク)はもちろん、歯石の除去をすることができます。
毎日の歯磨きに加えて定期的に歯のクリーニングをすると、虫歯や歯周病を予防することができるのです。

「年齢を重ねても、いつまでも自分の歯で好きなものを食べたい…!」
歯の状態を気にして食べられないものがあるなんて、悲しいです。
突然ですが、人生最後の日、みなさんは何を食べたいですか?
調べた結果によると、一般的にはお肉、お寿司が多いそうです!
私(当院スタッフ)もその中の一人です☺

みなさんが食べたいと選ぶものほど硬いものが多く、歯が残っていないと食べられないものばかりです。
歯が20本以上あれば、たいていのものは美味しくいただけます。
反対に、残っている歯が少ないと軟らかいものしか食べられません。
歯の本数が減ったり、お口の健康状態が悪いと限られた食事しか摂ることができなくなり、栄養不足にもつながってしまう可能性があります。

「きちんと歯医者に通っていれば…」
このように後悔しない為にも、定期的にメンテナンスに通い、歯を守りましょう!
私達も、ご来院いただいている患者さまのお口の健康をサポートしたい!という思いで、
日々診療にあたっております(^^)
些細なことでも気になることがあれば、是非ご相談下さい!
ご来院、お問い合わせ、お待ちしております☺