歯は出来るだけ削らないようにする

1月 27, 2022 7:05 pm Published by Leave your thoughts

こんにちは!新橋赤レンガ通り歯科クリニックです。

本日は、歯は出来るだけ削らないようにすることが一番!!
変な事言う歯医者だなと思う方もいらっしゃると思いますが、虫歯になったら当然、治療のために歯を削って詰め物をしたり被せ物をしたりしなければなりません。
しかし我々歯科医療従事者は治した歯が数年後、数十年後にまた二次的な虫歯になったり歯が割れたりしてどんどん大掛かりな治療に発展し最後には抜歯という軌跡をたどることを経験則で知っています。
ですから歯を虫歯にさせないで一生削らないで済むようにする事が歯を長持ちさせる一番の秘訣なのです。

一度治した歯が再度虫歯になる事を二次カリエスと言いますが二次カリエスは何故起こるのでしょう。
それは詰め物や被せ物自体の劣化やセメントの劣化により歯と詰め物、被せ物の間に隙間が発生しこの隙間から虫歯菌が侵入し、歯が再度虫歯になってしまうという事が最も大きい原因になってきます。
また詰め物、被せ物と歯の境目には微細な段差ができることがありそこにプラークがたまりやすくなるということもあります。
虫歯→削って詰め物→二次カリエスで神経をとり被せ物→抜歯という負の連鎖を作らないためには最初の段階の虫歯を作らないということが最も肝心な事となります。

人生100歳時代を健康的で快適に過ごすたもにも若いうちから定期的に歯医者に通い予防の習慣をつけておく事を是非おすすめします!!

少しでも歯が痛い、しみるなどと感じたらお気軽にご相談下さい!!

Categorised in:

This post was written by shinbashi-haisya

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。